企業向けの商工ローンとは

時々耳にすることもありますが、商工ローンというのは一体どんなものなのでしょうか。
調べてみると、一般的には中小企業を対象としてローンを取り扱っている金融機関といわれています。
個人向けと多少異なった特徴として、担保や保証人を取り、中小企業のみが対象となっています。
法人であるため金利は個人のものよりも多少高いものとなっていますが、法律で規制されるようになってから、非常に誠実な金利の金融機関が多く、更にきちんと保証人に対しての書類を交わすということも行われていますので、事業融資としての側面が強いといえます。
昨今では、不況が続き事業などに大きな不安を抱える人や、商工ローンを受けている人などに対しての法律的や税金の相談などに対して、プロが非常に誠実に請けることが増えています。
中には専門弁護士なども存在しており、初めての人でも安心して相談できやすいので、もし悩んでいるときにはできる限り早めに相談することをオススメします。
迅速に相談することで、万が一の時のトラブルなどにもあわてず騒がずに相談してもらえるばかりではなく、その後の事業などに対しても非常に信頼をおいて運営できるでしょう。

沖縄銀行でお金を借りる

沖縄銀行

沖縄と聞くと、みなさんはどんなイメージを持つでしょうか。最近では沖縄の抱える諸問題について、ややオーバーな報道がされることが多いのですが、普通沖縄と言えば、南国ムード漂う美しい島々や海、どこまでも青い空を思い浮かべるのではないでしょうか。
そんな沖縄に拠点を置く沖縄銀行が提供するカードローンは、「カトレアカードローン」と言います。
カトレアとは、有名な洋蘭の品種で、「洋蘭の女王」と呼ばれるほどに優雅かつ華麗な花です。そのカトレアの名を冠したカードローンサービス。まさに沖縄のイメージにぴったりですね。
このカードローンは、他の多くの地方銀行と同じように、沖縄県に在住していることが条件となります。中にはそうではない地方銀行のカードローンもあるのですが、沖縄銀行の場合は地元に対する貢献の精神がより強いのでしょう。
金利は珍しい固定金利で、最大利用額である300万円の利用でも、もっとも小さい10万円以下であっても9.8%です。普通50万円以下の場合、多くの銀行は14~15%の金利を設定するので、これは珍しい上に低い水準であると言えます。ただ、100万円を越える場合は他の銀行と比べると少し高い金利になるかもしれません。
さらに、カトレアカードローンは、申し込み時に沖縄銀行と所定の取引がある場合、金利がさらに優遇されます。最大2%の金利が割引になるので、取引がある場合は実質金利は7.8%になるということになります。これはとても低い金利と言えます。